プロフィール

 

缶長イラスト

缶長

まるき・画住んでるとこ・沖縄県

なぜ缶を集め始めたか

缶を集め始めたきっかけ

1994年ごろ、弁当を食べながら缶コーヒーを飲んでいて、「世の中には一体何種類の缶ジュースが存在するんだろう」と、ふと疑問に思いました。それからというもの、毎日違う種類のジュースを飲み続け、その空き缶を大事に保管していきました。最初に自販機のモノをすべて制覇したのはコカ・コーラ社製品でした。そして、ペプシ、UCC、と自販機の缶ジュースを中心に缶収集の手を広げていきました。

挫折

しかし、もともと飽きっぽい僕は、缶を集め始めてから1年ほど経過して、600本ほど缶が集まったときに、「こんな事をしていて何になるのだろうか。空き缶を集めるなんてバカなことをしてるのは、世界広しといえどもオレだけかな」と将来に不安を感じ、一時中断の状態に陥ってしまいました。ただ、すでにたまった膨大な数の缶を捨てるのもおっくうなので、そのまま保存しておいたのが、今となっては何よりも救いでした。

仲間の発見

缶集めをやめて何ヶ月かたったある日、パソコン通信で缶をコレクションしているという人を見つけて、早速そこにアクセスしてみました。ニフティサーブのコレクターズフォーラム(FCOLL)というところで、何名かが缶の話で盛り上がっていました。そこには、日本各地から今まで聞いたこともない缶の話や、地域限定、新商品情報が満載でした。それからというもの、僕はFCOLLにほぼ毎日アクセスするようになり、同時に缶の収集も再開。しかし、中断していたブランクは思いのほか大きく、たった何ヶ月かの間にも、自販機の商品ラインアップは著しく変わっており、うれしいやら悲しいやら。こうして缶収集の再スタートを切ったわけです。

缶の交換へ

FCOLLの方々といろいろとお話しするうち、「缶を交換しないか」と、交缶の誘いを受けるようになりました。彼らからすると、沖縄は珍しい缶の宝庫なのだそうです。交換は1人にとどまらず、今では7人目の方と交渉中です。交換した缶は全部で200本近くになると思います。交缶のメリットでもあるのですが、沖縄ではなかなか手に入らない缶が当地にいながらにして手に入るようになり、また、こちらからも「ウッチン茶」や「ゴーヤードリンク」などを郵送し、その回数も8回を数えるまでになりました。

交缶、たしかに魅力的だが・・・

しかし、今まで苦労して遠くは国頭まで行って探し回った缶が、交換ではいとも簡単に入手できるようになってしまいました。缶を入手するまでの苦労というかプロセスが全くないまま缶が入手できてしまうのです。ホントにこれでいいのかと、ふと最近考えるようになりました。よく考えると、これまでの缶のコレクションは、その缶を買ったときの思い出や、中身の味、買った場所なども含めてコレクションしてきたのだなぁとつくづく感じました。でも、交缶を通して、缶を集めている方や、集めていないけども協力してくれる方々と非常に仲良くなることができ、非常によかったと思っています。学生時代には、出来れば本土に缶収集旅行に出かけたいなぁ、とたくらんでみたりもしていました。

メディア掲載情報

新聞

琉球新報

●平成8年7月8日付 琉球新報夕刊ヤング面より FAX経由なので、画像が汚くてすみませんm(_._)m いつかカラーで載せます(^^);

琉球新報 夕刊

就職活動で役立った?

お、オタクと思われなきゃいいが・・・
実際はカラーで思ったよりも大きく載ってます(^^);
もう、ビックリです。
これで記事にHPのURLなんかが書いてあったら最高なんですがね。
ただ、こんな未熟なホームページが紹介されていいのでしょうか?
強烈な後ろめたさを感じます(^^);

沖縄タイムス・ダ~ヴァ 2000年02月09日

ダーヴァ紙面(1面)

ダーヴァ紙面(1面)

撮影風景

このように撮影されました

記事の内容:

例えば、漫画の単行本、お菓子のおまけのシール、映画のキャラクター人形など、集めだしたら全部そろえないと気がすまない、ということよくあります。興味のない人にはがらくたでも、集めてる人にとっては貴重なお宝。今週は、飲料メーカーも頭が下がる? 缶コレクターをチェ、チェ、チェ、チェーック!
佐敷町の会社員、徳元将也さん(26)が清涼飲料水やコーヒーの缶を集めだしたのは大学生のころ。弁当食べながら飲んでいた缶ジュースを眺め、「一体どれぐらいあるんだろう」。それが長い旅の始まりだった。
アルバイト先のスーパーから毎日、まだ持ってない缶を袋いっぱい買って帰ったり、山原で商品回転の悪そうな店に狙いを定め、販売中止になった缶を見つけては喜び、店の人に変な顔をされたり…。また入手不可能と思われていた透明コーラを発見、賞味期限もとっくに過ぎ、さびのついたそのコーラを思わず買い占めた(といっても3本)話など、エピソードには事欠かない。
途中、場所を取るからと家族からも嫌がられ、「こんな馬鹿なことしてるのは、世界中におれだけなのでは?」と悩んだ時期もあったが、パソコン通信で本土にも缶コレクターがいることを知り、互いに珍しい缶を“交缶”し合うなど、パワーアップ。自身も集めた缶のデータなどを記したホームページ「CAN CLUB Internet.」(http://member.nifty.ne.jp/tok/(当時))を開設。友人や同僚も国内外からいろんな缶を持ち帰るなど協力し、今ではコレクションは約2500缶にも上る。試供品、水道水、マテ茶、カレースープ、おしぼり、ぜんざいなど、珍しい缶も多い。
沖縄の玄米やうっちん、さんぴん、ゴーヤー茶などは本土のマニア間でもかなり人気が高く、缶集めのためだけに来県するマニアもいるという。入力した2500種の缶データを消失してしまうという悲しい“大事故”も経験した徳元さんだが、「沖縄産の缶はすべて、データと画像をホームページで記録したい」と意欲的だ。沖縄の飲料文化の生き字引を目指す缶コレクターに“缶杯”したい。(写真・鈴木実)

テレビ

RBC琉球放送


平成8年12月4日 RBC琉球放送で私のコレクションが放映されました。1204-1.jpg (11k)

1204-1.jpg (11k)

 

 

 

 

 

 

 

1204-2.jpg (14k)1204-2.jpg (11k)

1204-3.jpg (18k)1204-3.jpg (11k)

1204-4.jpg (14k)1204-4.jpg (11k)


雑誌

以下の雑誌に紹介されました

PC DECO 97-2月号/インプレス

あちゃら 97-3月号/リクルート

ニフティサーブマガジン 98-1月号
 

internet ASCII 98-4月号/アスキー
 

ISIZE あちゃら 99-4月号(P.181)/リクルート

VeeSchool東海版 2002-12月号(P.253)/プロト

YAHOO! Internet Guide 2003-3月号/ソフトバンク

掲載誌のご提供がありませんでした^^;ので、記事の詳細はわかりません。

投稿日:2018年8月25日 更新日:

執筆者: