CAN CLUB Internet.
オキナワ発!缶ドリンク情報
HOME | 沖縄のCAN | 世界のCAN | プロフィール | BBS | LINK | 旧コンテンツ
新・缶集め日記


・東南アジア
・台湾
・中国
・中国(上海)




東南アジアの缶ドリンク
実は、今から紹介する缶は自分が海外で購入したモノではなく、「まるきワールド」の管理人・まるきや、友人が海外旅行に行った際にねだって、買ってきてもらったお土産である(^^);


    Pokkaの現地生産品

    シンガポール、マレーシアで売られている、Pokkaの製品群。ミルクコーヒーや暴暴茶は日本でもおなじみ。その他の果汁系飲料は現地独特のモノである。(ネスカフェ・リッチはネッスル&コカ・コーラの製品)
    ミルクコーヒーは同じモノが2つ並んでいるように見えるが、よく見ると缶のデザインが若干異なっている。左はマレーシア、右はシンガポールで販売されているモノ。





    東南アジアにおける著名コーラ


     左からタイ(コーク写真入り)、タイ(コーク)、タイ(ペプシ)、マレーシア(ペプシMAX)、シンガポール(ペプシ)。日本でもおなじみのデザインが多い。タイのコーラにはおそらくタイ語での表記もある。


    真ん中のペプシのデザインは独特で、世界共通のペプシデザインとは全く違った現地オリジナル?である。また、お気づきのようにペプシMAXは日本では商標の関係上?MXとなっている。




    スプライト・ファンタ

    これまた日本でおなじみのスプライトとファンタです。2つともタイで購入。基本的なデザインは似ていますが、細かなところはやはり違いますね。これも現地語の表記があります。 どちらもにぎやかなデザインですね。
    スプライトの味は想像できるのですが、ファンタには味の種類が書いてないのです。缶の色や友人の話から「メロン」ではないかと思われます。

ご感想をお寄せください。 1996-2004 © CAN CLUB Internet.